読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちに解散はない!嵐相葉×松潤がラブラブすぎる件

from 俺たちに解散はない!嵐相葉×松潤がラブラブすぎる件

メンタリストも認める仲良し2人

嵐の中では高身長の2人で
モデルコンビと呼ばれたりもしていますね。
そして案外2人ともすぐに感動して泣いてしまうところから泣き虫コンビとも。
べたべたするような感じはありませんが結構この2人も仲が良いんですよね。
今回は相葉雅紀さんと松本潤さんの仲良しエピソードについて紹介していきましょう!

嵐にしやがれ」でメンタリストのDaiGoが嵐の分析をした時、「心の底で信頼関係ができていると動きが似てくる」ということを話していました。相葉雅紀松本潤は重心も同じ、手の組み方も同じ、それをDaiGoに指摘されて足元を見る行動も全く同じだったんですね。

そんな二人を見た櫻井翔は「交際はしてないですよね」と確認し、続いて二宮和也が「仲の良い友人ですよね?」と聞いたところ松本潤が「事務所通してもらっていいですか」と返しました。冗談はさておき、心の底から信頼し合っているということですね。

相葉ちゃんから松潤へ誕生日メッセージ

相葉「お誕生日おめでとう。見た目より100倍優しい松潤。調子悪いときにこれ飲むといいよって調合してくれる松潤薬局。旅行のお土産は一人一人にあったものをくれますね。どこへ行ってもトラのTシャツでごめんなさい。見習います。 NYへ一緒に行ったりWBC一緒にみましたね。同期がいなくて一人でいたとき声をかけてくれましたね。とても救われたのを覚えています。いつまでも優しい潤くんでいてね」

相葉ちゃんが語る松潤エピソード

「さりげない気遣いができるマツジュンはカッコいいなと思う。みんなで焼き肉屋に行ってもマツジュンは率先して焼く係に回るじゃん?しかも手際よくお皿に取り分けてくれたりするんですよ。そりゃあモテますよ、男の僕でも惚れちゃいますから。」

気胸になった際、行けなくなった仕事(早朝)に行ってくれたのは松潤だった

松潤て基本的にヘンな行動してないと思うんだけど、現場とかでのお弁当の食べ方がなんかヘン!ちょこちょこ、ほかの人からいろんなお弁当のおかずをもらって食べてんの。
「この春雨ちょーだい!」って感じでね。

泣き虫コンビの由来・・・・潤くんは相葉ちゃんが手紙を読む前の番組終盤からからポロポロで、手紙を読む時相葉ちゃんが泣いて「松潤、いつも嵐のこと考えてくれてありがとう」

何の症状だったかは忘れましたが…相葉ちゃんが体調を悪くした時に、いつも松潤が薬をくれるので、「君は僕の薬箱です」と相葉ちゃんが松潤のことを言っていました

相葉ちゃんが思う松潤の大好きなところ

「マツジュンは、けっこうクールなイメージがあると思うんだけど、ああ見えて実はすごく優しいところがあるんだよ(笑)。彼のやさしさって、細かい気配りと親切な心づかいなんだよね。クールそうに見えても本当はとっても温かい、そんなマツジュンのギャップが僕は好きですね。」

松潤が語る相葉ちゃんエピソード

「普段みんなうるさいから、相葉くんが一人いるとホッとなごむんだ。これからもそういう人でいてほしいな。」

おにぎりを作ってみた。形はイマイチだったけど、味は超イケてた。相葉くんにも食べさせてあげたら、とても喜んでた。」でも、相葉くんって、コーヒーに使うちっちゃいミルクを飲んで「鉄の味がしてウマイ!」とか言ってる人だからなぁ。
おいしいって言われても、あんまりアテにならないかも。

『天才!志村動物園』は見られるときは、必ず見てます。
「相葉ちゃん、輝いてるなー」って思ったりしながら。

もしも異性だったらお互いに付き合いたいと思っていた

2014年1月に放送されたHEY!HEY!HEY!で「自分が女性だったら付き合いたいメンバーは?」という質問に対して
相葉「付き合いたいのはマツジュンかな?イメージですけど、家で2人っきりになるとニャンニャン♪みたいなのが始まりそうな気がするっていうか、甘えてくるタイプのような気がするんですよ」

松本「僕言われる前から決めてたんですけど、付き合いたいのは相葉くんですね。やっぱね、明るいんですよ。仕事してる時とかもそうですけど、なんかこう相葉くんがいるとそこが明るくなるみたいなことがあるから。2人で色んな事を楽しめる人だから。動物園行ったら動物園も騒いで盛り上がって楽しめるだろうし、どこ行ってもなんかこう相葉くんと居たら楽しめるんじゃないかって」

とお互いに両思いだったことが判明しました。

メンバーが目撃した仲良しエピソード

Acquisition source

Copyright © 2016 嵐まとめサイト All Rights Reserved.

 → 続きはこちら http://ift.tt/2i91XIS