読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【嵐】櫻井翔さんの人生まとめてみた!

from 【嵐】櫻井翔さんの人生まとめてみた!

慶応ボーイで王子様!嵐の翔ちゃん!!!!

日本のタレント、歌手、俳優、司会者、キャスター、
アイドルで、男性アイドルグループ・嵐のメンバーである。

櫻井 翔は、日本のタレント、歌手、俳優、司会者、キャスター、
アイドルで、男性アイドルグループ・嵐のメンバーである。
群馬県出生、東京都港区出身。ジャニーズ事務所所属。

「疲れた」「大変だ」「眠い」「つらい」という言葉が嫌い

仕事を始めた当初から一貫して、
「疲れた」「大変だ」「眠い」「つらい」という言葉が嫌いであるため、
自身も使わないようにしている。
また、仕事で感情的になることはなく(プライベートではいいが)、
感情や機嫌によって仕事に波のある人が嫌いである。

嵐でなければ何もできない。
嵐だからというのが僕らの存在理由。

「(自分は)嵐でなければ何もできない。嵐だからというのが僕らの存在理由。」と考えている。また、仲がいいという売り文句に対して、みっともない、恥ずかしいという考えを過去に持っていたこともあり、「仲がいい嵐を好きな人が多いから、これからも仲良くし続けるということにはしたくない。クリエイティブなことをしていく中で、肩を一緒にくんでいる感じがいい状態だと思っている。」と語っている。将来的には「嵐」という木の幹を太くして、成熟した大人のグループになっていくと同時に、見る人の心を温めるようなグループになっていきたい、そしてそのためにも今後もずっと嵐のメンバーであり続けたいと語っている。

1982年、群馬県に生まれる。

慶應義塾幼稚舎に入学するまで
群馬の保育園に通っていた

前橋付近の保育園に行っていた可能性は高いと思いますよ。

名前の由来

名前の由来 羊に羽がついているという意外性。

お母さんによると「羊に羽がついているという意外性。なんともロマンチックで、想像の上では羽が生えているペガサスのようであり、より柔らかさを感じる」だとか

小学校在学時には東京に住んでおり、多くの習い事を掛け持ち

中学、高校はエスカレーター方式だったといいます。

慶応の附属である小学校(慶応義塾幼稚舎)に入学し、そこから中学、高校はエスカレーター方式だったといいます。

数々の有名人を輩出している、俗に言うエリート校ってやつですね。
もちろんそれなりに入学試験は難しく、櫻井翔の自頭の良さがうかがえます。

学校がすべてであり、遊ぶ時間はないに等しかった

習い事は3歳から小学4年生までエレクトーン、
その後はピアノ。

習い事は3歳から小学4年生までエレクトーン、その後はピアノ。他にも水泳、習字、油絵、剣道、ボーイスカウト、サッカー…様々なものを習わされた。

小学校はバスを2つ乗り継いで通っていた

「道がないなら作ればいい。たとえその先果ててたとしても―」

櫻井の母は授業の中で、まだ5歳だったチビ翔とのある日の思い出を語っていた。

東京・渋谷駅の近くで大げんかをした時、母は息子をそのまま置いてバスに乗り込んだ。櫻井の方も「なんでこの人と帰らなきゃいけないんだ」と思って、「いなくなってやろう」と思ったという。

少し後ろめたくなったのか、母は乗り込んだバスの窓からこっそり息子を見た。しかし、息子は泣くどころか歩道をずっと歩いてバスを追い、母をじっと睨みつけていたという。

小学5年時には地元のサッカークラブチームに

真剣にブラジルへ留学することを考え
サッカーにのめり込む

一時は真剣にブラジルへ留学することを考え自ら資料を集めるほどサッカーにのめり込む。しかし、上級生とともにプレーするチームに昇格したときに周りとの実力の差を痛感し、夢を諦める。

13歳の時、話のネタになるからとジャニーズ事務所に自分で履歴書を

友達に受けてみろよと言われたので親に内緒で履歴書を

知らない女の人に「ジャニーズジュニアじゃない?」と間違えられ、友達に受けてみろよと言われたので親に内緒で履歴書を送り、書類審査合格。親に怒られるも、オーディションを受け、合格。一貫して反対した父親に対し、母親は「やりたいんだったらやってみれば」と言う。そして、「学業と両立する」ことを約束に1995年10月、ジャニーズ事務所に入所。

心理的な抵抗感との間で葛藤していた

「芸能界を否定するような環境」で過ごしていたため、
憧れと「ああいう人にはなってはいけない」という心理的な抵抗感

光GENJIには憧れを持っていたが、本人曰く「芸能界を否定するような環境」で過ごしていたため、憧れと「ああいう人にはなってはいけない」という心理的な抵抗感との間で葛藤していた

Acquisition source

Copyright © 2016 嵐まとめサイト All Rights Reserved.

 → 続きはこちら http://ift.tt/2i7rrGr